離婚慰謝料はケースによって異なる

離婚慰謝料全体の額の相場的な価額としては、200-300万円程度とされています。これはまちまちな離婚事例の慰謝料額を平均した額ですが、離婚事例を類型的にまとめると違った相場額が看取されます。慰謝料を発生させ最終的には離婚に至った背景事情には特徴的な事象が見られるため、離婚原因ごとに慰謝料額を分析するとより現実の相場に近似した金額を知ることができます。ただし離婚と同時に財産分与や、子供がいれば養育費などの他の経済的側面の清算や将来への取り決めが必要になるため、それらの額を充足してもなお慰謝料全額を回収できるかどうかは結局、相手方の懐具合にかかっていることは確かです。慰謝料を請求する前提として、相手方の経済状況を把握しておくことも忘れてはなりません。

離婚事由のケースごとの請求額は

それでは典型的な離婚事由に応じて離婚慰謝料の請求額の相場や決定要因を考察してみます。不貞行為(浮気や不倫)による場合には、100-500万円とされています。不貞行為の有無の絶対的ポイントは肉体関係の有無です。法的に貞操義務が違反していると評価されるためには肉体関係が無ければなりません。額に幅があるのは、不貞期間はケースごとに違いがあること、浮気相手に対しても共同不法行為者として慰謝料を請求することも可能であることなどの変動要素が多いからです。悪意の遺棄による場合、50-350万円の幅になります。遺棄とは夫婦間の法的義務(同居・協力・扶助義務)を誠実に果たさないことを言います。夫婦生活の破綻をきたすことを知りながら、これらの義務を故意に放置していると評価され、比較的高額の慰謝料が認められています。

夫婦間のトラブル性が顕著なケースでの請求額は

それでは夫婦間の人間関係が破綻した場合のケースでの離婚慰謝料はどうでしょうか。問題となることが多いのはDV事例、性行為の拒否の場面です。DVは面罵や暴言などによる精神的損害はもちろん、殴るけるなどの暴力行為で負傷し時には深刻な肉体的ダメージを伴うため、50-500万円が相場となっています。DVでは暴力による後遺症の可能性もあるためこれ以上の額が認められる可能性もあります。特にDVは恐怖や安全確保のため離婚時に慰謝料交渉を行えない場合にあります。離婚後弁護士などの代理人に交渉を依頼することでも請求可能です。セックスレスや性行為の拒否では最大限が100万円程度で、認められない可能性もあります。相手方の意に反して性交渉を求めることは妥当でないので、さほどの額は認められていません。判断にあたってはセックスレスの期間やセックスレスに至った事情などが考慮されます。