離婚慰謝料がもらえないケースとは

離婚慰謝料というものは離婚後の生活を経済的に安定させるために離婚の原因を作った側から支払われる性質のお金です。また、慰謝料は離婚によって精神的にダメージを受けた人に対する損害賠償的な意味合いも持っています。しかしながら、それをあてにしていたものの実際に離婚が成立した後になって相手側から一切、慰謝料や養育費が支払われないというケースが続発しています。たとえば、夫の不貞が原因で離婚をするに至ったにもかかわらず慰謝料が一切支払われないとすると、妻は離婚後に経済的な苦境に追い込まれてしまうことになります。そのような事態に陥ってしまわないためにも慰謝料をもらえないというケースや慰謝料を確実にもらえるようにするにはどのような行動をすればいいのかを知っていく必要があります。

離婚慰謝料がもらえない離婚のパターン

多くの人は離婚という言葉を聞いて最初に慰謝料という言葉を連想するはずですが、実際には離婚が成立したからといって必ずしも慰謝料が発生するわけではありません。つまり、離婚をしたからといってすべてのケースで慰謝料をもらえるとは限らないのです。たとえば、性格の不一致で離婚をした場合、どちらに離婚の原因があるのかを客観的に判断するのは難しく慰謝料が発生しないケースがほとんどだといわれています。慰謝料をもらえない離婚のパターンとしては、離婚に至った原因が夫と妻の両方にあった場合です。たとえば、夫と妻がそれぞれ不倫をしていたようなケースでは慰謝料は発生しません。また、すでに夫婦としての関係が破綻していると明確な場合に夫と妻のうちの一方が不貞をしたとしても慰謝料の請求は却下されるケースがほとんどです。

離婚慰謝料がもらえない事態にならないようにすべきこと

慰謝料をもらえない原因となる離婚のパターンは前述した通りですが、それ以外にも慰謝料をもらえない場合があります。それは慰謝料の時効です。離婚成立後、三年を過ぎての慰謝料の請求は認められていないのです。そのため、離婚後に腰を落ち着けて慰謝料について夫と妻の双方が話し合いの場を設けたとしても、話し合いの結論が出るまでに時間を要してしまうと慰謝料の請求期限を過ぎてしまい、今後は慰謝料を請求することができなくなってしまうのです。このような事態を回避するには、離婚をすることが決まったときには慰謝料について夫と妻が話し合いをして、双方が納得のいく条件を明確にしておくことが大事になってきます。少なくとも金銭的な面についてはしっかりと話を詰めておく必要があるのです。