離婚慰謝料の相場はどれくらいか

離婚をするさいに付き物なのが慰謝料です。離婚では、たいていの場合には夫婦のどちらかに原因があり、その原因によって望まない離婚をすることになった場合には離婚を強いられる側が慰謝料を請求する権利があります。離婚慰謝料と呼ばれるもので、通常は協議離婚において話し合いで決められますが、離婚後でも3年間は請求権が残っています。ただし慰謝料の支払いは話し合いによって決められたものであり、一括して支払われることもあれば毎月に支払うといったものもあります。また決定した慰謝料を支払わないといったケースもあるため、そのような場合には慰謝料の確認を行って支払いを促したり、または法的手段をとって差し押さえるといった行動が必要になってきます。いずれにしても相手が支払える能力の範囲内で慰謝料は決められます。

離婚慰謝料の決め方と支払いに関して

離婚に関する慰謝料の決め方としては、まずは離婚の種類によって決めることになります。協議離婚では、夫婦が話し合って決めますが、協議離婚が出来ない場合には家庭裁判所で、調停、審判、和解、認諾、判決といった方法で司法の力を借りて決定します。ただ日本で裁判所まで行くケースは稀で9割は協議離婚です。話し合いの中で慰謝料を請求することになりますが、その場合には理由が必要です。例えばパートナーが浮気をしていたり、暴力を振るうといったもので、正常な婚姻生活が営めなくなった理由が相手にあることです。ただ慰謝料を理由に離婚に応じないといったケースもあるので過大な請求は避けるべきです。また暴力を理由に離婚する場合などには、直接話し合うということは難しいので、弁護士などを代理人として立てる方が話をスムーズに進めることができます。

慰謝料の相場と現実に支払われるかの可能性

離婚慰謝料の相場というのは、存在しますが、現実としてはケースバイケースといえます。特にパートナーに資産が多くあれば、それだけ多くの慰謝料を請求できますが、パートナーに支払い能力がない場合には、無理に慰謝料を支払わせることはできません。浮気が原因で離婚に至った場合の相場としては200万円から300万円と言われていますが、現実としてその場で合意をしたとしても相手が支払う能力、または支払う気がなければ約束通りに支払われることはありません。協議離婚では公正証書によって法的な効力を持たせることになり、離婚慰謝料も同様に法的効力がありますが、あくまでも話し合いで決めることであり、支払われないといった場合には慰謝料の確認や法的手段を持って、回収を行うことになります。

少しでも離婚に対して知って頂けるよう当サイトに様々な知識と法律・離婚コラムを掲載させて頂いております。 離婚に対してお困りのあなたへ最後までしっかりと担当の離婚弁護士がお力添えさせて頂きます。 メールからのご予約も承ります。(24時間受付可能) 当事務所のように離婚弁護士に依頼をすることで少しでも有利な解決・結果を得られることが期待出来ます。 離婚慰謝料を請求したいあなたへ